« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月12日 (日)

2016.6.12

先日、東北へ行ってきました。
青森の白神山地周辺への渓流、そして秋田県阿仁の山岳渓流、鳴子温泉などなど、
秋田の山は険しく、谷底まで高さ10m以上の崖を3、40cm幅の沢筋を下り、下りたら下りたで
上れる沢筋まで6時間ちかく谷底の川を釣りをしながら遡行していきます。
ほとんど携帯の圏外にいたために、山を下りてきて携帯のニュースを見たら
「秋田殺人熊」の被害のニュースが。しかもその日です。
熊鈴や熊撃退スプレーを携行してはいましたが、実際被害のニュースを聞くと恐ろしいものです。
前日には青森の鯵ヶ沢にある温泉で、裏庭で飼ってる熊を間近で見ましたが、1.3m近くあり、
その巨体が襲ってくると思うと、熊撃退スプレーはなんの役にも立たないのではないかと思えてきます。
高速道路にまで熊を目撃されるほど、人里での熊の出没情報が多発し、場所によっては昨年の倍ちかくになっています。
これは暖冬の影響で山菜の生育が早く、熊の餌となる山中の山菜がすでに少なくなってきているの原因とのこと。
これからも山に行くことが多いので、帰宅してから熊のニュースに震え上がっている今日この頃でございます。

(スズキ)

| | トラックバック (0)

2016.6.2

ジェイムズ・エルロイの新刊が出ました!
こう見えて、エルロイが好きなんです。
映画『L.A.コンフィデンシャル』を観て感動して、エルロイの名前を知ったのですが、
映画と同名原作小説(絶版)は〈暗黒L.A.四部作〉の三作目にあたりまして、第一部『ブラックダリア』(絶版)から
第二部『ビッグ・ノー・ウェア』(絶版)、そして第四部『ホワイト・ジャズ』となります。
『ブラックダリア』も映画化されておりますが、中でも傑作なのが『ビッグ・ノー・ウェア』です。この小説を読んだ時の衝撃と興奮は今も忘れません。
語り部の不信感と、まさかの展開、そして登場人物たちの個性。
読者は無意識に物語の主人公に「正しさ」を求めてしまいますが、エルロイの小説はそんな不確かなものではなく、もっと現実的なもの、
お互いの利害で人々が動いています。
例えば『L.A.コンフィデンシャル』で反目し合っていた刑事二人が最終的に協力しますが、
それはお互いを信頼したり友情ではなく、あくまで両者が己の利を考えた結果のこと。
そんな人間臭い現実的な行動原理で彩られたエルロイの作品に触れて、犯罪小説そしてノワール小説というものに惹かれていきました。

エルロイについてはいろいろ語りたいことが多いですが、機会があれば是非一読を。
最新作『背信の都』は〈新・暗黒LA四部作〉第一作でございます。
(スズキ)

| | トラックバック (0)

2016.5.28

先日、一泊の予定で長野の木曽路へ行ってきました。
目的は釣り。木曽はイワナの中でも珍しいヤマトイワナが釣れる場所なのです。
スマホのナビをセットしてボケッと上信越道を走っていたら所要時間が6時間30分という、
とてつもない時間になっているのでチェックしたところ、なんと目的地が大阪になっていました。
恐ろしい・・・。そのまま信じてたらエライことに。
そして翌日の帰り道。
塩尻ICから長野自動車道→上信越道→関越道→北関東道→東北道という5つの高速を乗り継いで、
華麗に佐野藤岡ICで下りて「かっぱ寿司」を食べていけるように設定していたナビ。
北関東道から東北道を栃木方面に合流。
「?これは間違ってないか?いや、ナビが正しいのか?いや佐野藤岡ICは栃木ICとは逆なはず・・・だよな?」
この疑心暗鬼。案の定、目的地が仙台。
まだまだ機械を信じてはいけない!

| | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »