« 2016.5.28 | トップページ | 2016.6.12 »

2016年6月12日 (日)

2016.6.2

ジェイムズ・エルロイの新刊が出ました!
こう見えて、エルロイが好きなんです。
映画『L.A.コンフィデンシャル』を観て感動して、エルロイの名前を知ったのですが、
映画と同名原作小説(絶版)は〈暗黒L.A.四部作〉の三作目にあたりまして、第一部『ブラックダリア』(絶版)から
第二部『ビッグ・ノー・ウェア』(絶版)、そして第四部『ホワイト・ジャズ』となります。
『ブラックダリア』も映画化されておりますが、中でも傑作なのが『ビッグ・ノー・ウェア』です。この小説を読んだ時の衝撃と興奮は今も忘れません。
語り部の不信感と、まさかの展開、そして登場人物たちの個性。
読者は無意識に物語の主人公に「正しさ」を求めてしまいますが、エルロイの小説はそんな不確かなものではなく、もっと現実的なもの、
お互いの利害で人々が動いています。
例えば『L.A.コンフィデンシャル』で反目し合っていた刑事二人が最終的に協力しますが、
それはお互いを信頼したり友情ではなく、あくまで両者が己の利を考えた結果のこと。
そんな人間臭い現実的な行動原理で彩られたエルロイの作品に触れて、犯罪小説そしてノワール小説というものに惹かれていきました。

エルロイについてはいろいろ語りたいことが多いですが、機会があれば是非一読を。
最新作『背信の都』は〈新・暗黒LA四部作〉第一作でございます。
(スズキ)

|

« 2016.5.28 | トップページ | 2016.6.12 »

メルマガ後記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1542675/65979898

この記事へのトラックバック一覧です: 2016.6.2:

« 2016.5.28 | トップページ | 2016.6.12 »