« 2013.6.28 | トップページ | 2013.8.9 »

2016年5月25日 (水)

2013.7.12

一昨年、海外ミステリ小説で主要タイトル三冠の『二流小説家』の著者デイヴィッド・ゴードンが
新刊『ミステリガール』のプロモーションでつい最近まで来日しておりました。
著者の作品はどこか変態チックで、淫靡で、猥雑。
デヴィッド・リンチの映画と相通ずる雰囲気を醸し出していて、個人的に大好物な作風の作家です。
(しかし本人は1人でジブリ美術館に行くほどお茶目で文科系男子らしい)
現在発売中の「週刊文春」でも1ページかけて書評掲載。注目の海外ミステリ作家です。

最近「ミステリマガジン」誌に掲載された短篇がまたツボでした。
タイトルは『男の乳房が揺れる夏』
これからの季節にぴったりの小説でした(笑)

|

« 2013.6.28 | トップページ | 2013.8.9 »

メルマガ後記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1542675/65674483

この記事へのトラックバック一覧です: 2013.7.12 :

« 2013.6.28 | トップページ | 2013.8.9 »