« 2013.2.23 | トップページ | 2013.3.29 »

2016年5月25日 (水)

2013.3.1

アカデミー賞が発表になりましたね。今回は作品賞の「アルゴ」が個人的に嬉しかったりします。本作の監督ベン・アフレックは「グッド・ウィル・ハンティング」の脚本(マット・デイモンと共同執筆)で25歳の若さでアカデミー賞とゴールデングローブ賞を受賞。その後ハリウッドでイケイケだったのですが、出演作の不振とプライベートの問題などで、ベン・アフレックという名は半笑いで語れるまでに(「チームアメリカ/ワールドポリス」でもネタに)堕ちていきました。私もそう思っていました(笑)しかし最近「ゴーン・ベイビー・ゴーン」や「ザ・タウン」そして「アルゴ」を見て、ベン・アフレック監督作品にハズレなしと思っていました。そして今回のこの作品賞受賞。
「人生打ちのめされることもあるけど、また立ち直ることができる」
本人の浮き沈みをリアルタイムで見ていただけに、作品賞受賞のベン・アフレックのスピーチは泣けました。
あと、監督賞に輝いたアン・リー監督の「ライフ・オブ・パイ」はハートフルな作品だと思うと痛い目見ます。裏にダークなテーマが隠されていて、息を飲むほど深いラストは壮絶です。これは傑作です!。

|

« 2013.2.23 | トップページ | 2013.3.29 »

メルマガ後記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1542675/65674349

この記事へのトラックバック一覧です: 2013.3.1:

« 2013.2.23 | トップページ | 2013.3.29 »