« 2012.2.16 | トップページ | 2012.3.02 »

2016年5月25日 (水)

2012.2.24

どもメルマガ管理人です.
さて、いよいよ2/26(日)にフライフィッシングのイベントです!
栃木県は海がありません。釣りといえば川か湖などです。

皆さんは川に目を向けたことはありますでしょうか。
日本の周辺の海、その沿岸部は豊富な栄養分を含んだ海水で豊かな漁場となっています。
その海の豊かな養分は山から川を伝い海へ流れ出ていきます。河口付近は港、漁場が多いのはそのためです。
三陸では牡蠣の養殖で、山が伐採などで荒れると、海への養分が減少し牡蠣の養殖にも影響が出たそうです。
川というのは人で言うところの血管のようにとても大切なものです。しかし、その川を定点で観測している人間はあまり多くはおりません。釣り人くらいなものでしょう。

そんな栃木県の川を見続けてきた方の講演会が2/26(12:00~)進駸堂中久喜店でおこなわれます。
県内ではとちぎテレビフィッシングキャスター、下野新聞釣り欄担当「関谷忠一」氏、70年代から日光湯川を見守り続けてきた「湯川を愛する釣り人の会」代表「梅沢盛雄」氏、両氏による県内の自然、環境、昔と現在の変化などをお話してもらいます。
また、フライフィッシング専用革用品を製作している石井智史氏に、自然と遊ぶフライフィッシングの楽しみ方などをレクチャーしてもらいます。タイイングと呼ばれる毛鉤を作る教室も開催。
釣り未経験者でも大丈夫。栃木県の自然、環境を見つめなおす内容となっております。
この機会に是非ご参加ください。

|

« 2012.2.16 | トップページ | 2012.3.02 »

メルマガ後記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1542675/65673390

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.2.24:

« 2012.2.16 | トップページ | 2012.3.02 »